【展示概要】
 古くから日本人は、正月をはじめとする季節ごとの行事や祭礼、誕生や成人、婚礼といった慶事を重んじてきました。晴れ着をまとい、招福や祝意を表した飾りつけで、特別な日を祝福します。
 冬至を境に少しずつ日照時間が長くなり、陰陽道では「陽」の力が増していきます。冬至を、陽気の回復(一陽来復)、厄落としの日、太陽の誕生日とする信仰もあります。
 冬至および正月を迎える今季、日の出や富士山、干支といった新年にふさわしい絵画や、福の神、天女、鶴など吉祥の図柄の作品を紹介します。また、誕生日や結婚の祝賀のために描かれた作品や、めでたい舞踊の図、笑いあう人物図なども併せて展示します。
 円山応挙、上村松園、堂本印象など、様々な日本画家たちが描いた縁起の良い作品をとおし、新年を寿ぐとともに招福を願います。



上村松園
「桜桃」



小杉放菴
「三笑図」



都路華香
「神苑朝陽図」



深田直城
「富嶽暁景」

【学芸員による展示解説】
12月16日(土)、20日(水)、26日(火)、1月8日(月祝)、16日(火)、20日(土)、26日(金)、31日(水)、2月3日(土)、7日(水)、12日(月祝)、20日(火)、25日(日)、3月3日(土)
※各日 14時〜(約30分) 申し込み不要

〇休 館 日 月曜日(但し1/8・2/12は開館し、1/9・2/13休館)、年末年始(12/29〜1/5)
〇開館時間 10:00〜17:00(入館受付は16:30まで)
〇入 館 料 大人800円、高大生500円、小中生250円 ※10名以上の団体は2割引

 ※常設展「四季の万華鏡」もご覧いただけます。

小林美術館
〒592-0002 大阪府高石市羽衣2-2-30
【電話】072-262-2600
【交通】南海本線「羽衣」駅、JR「東羽衣」駅より北西へ徒歩約4分(駐車場完備)
【HP】http://kobayashi-bijutsu.com/